昔は無料の出会い掲示板が主流だった

ここでは出会い系サイトの歴史と経緯について私の経験や体験談を交えて書いてみたいと思います

出会い系サイトの歴史は結構、昔からあります。

今から20年くらい前でしょうか。

1995年~1998年のウインドウズ95とかウインドウズ98のパソコンが出てきた頃からインターネットが普及し始めて、それと同時に出会い系サイトもどんどん出てきたような気がします。

ちなみに私は出会い系サイトの黎明期から出会い系サイトを使っていた、いわゆる「ベテラン」です(笑)
あの頃はまだ20代半ばでしたね!

ちなみに私は素人童貞でした(←あまり関係ないか・・・笑)

当時は携帯電話もあまり普及していませんでした。

NTTドコモの「iモード」が出る前でしたので携帯電話を持っている人はあまりおらず、PHSとかポケベルなどを使っている人も多かったです。

パソコンも今のようにブロードバンドが出る前で、ダイヤルアップ接続を使ってパソコンでインターネットのネットサーフィンをしていたものです。

そして当時の出会い系サイトは今のような機能が充実した出会い系サイトとは程遠い原始的な(?)サイトが多かったです。

出会い系サイトというよりも「出会い掲示板」というのがほとんどでした。

これらの「出会い掲示板」は個人の人が運営しているケースがほとんどで、勿論無料で自由に書き込みなどが出来ました。

『出会い掲示板=出会い系サイト』として多くの人に認識されていて、今のような法人運営のきちんとした出会い系サイトはありませんでした。

今、思いだすと当時の出会い系(出会い掲示板)は個人情報に関してもエラく緩い時代でしたね。

私を含め、出会い掲示板を使っていた人達は掲示板とかに自分の携帯番号とか直メールアドレスなどを平気で載せていましたからね(笑)

当時、テレクラやダイヤルQ2などのリアルなサービスを使った出会い手段が主流で、「出会い系サイト(出会い掲示板)」というものが登場してから、その斬新さと物珍しさで多くの人が興味を持ち、出会い掲示板がどんどんと流行り始めていきました。

その時に登場した代表格のサイトが「スタービーチ」という出会い系サイト(出会い掲示板)

通称「スタビ」として多くの人から親しまれた出会いのマンモス掲示板でした。

私もよく利用しておりました。

今、思うとスタービーチは凄いサイトでした。
スタビが流行り始めてから、雨後の竹の子のように似たような出会い掲示板サイトがどんどんネットに出てきました。

私のように昔から出会い系サイトを利用してきた人間から見ると「伝説」になっていて、スタビが閉鎖された今でも出会い系サイト業界にも影響を及ぼしております。

出会い系黎明期に爆発的に流行った出会い掲示板「スタービーチ」について

【最近よく出会える優良出会い系サイトの一覧】

優良出会い系サイトの一覧

※サクラゼロの本当に出会える優良出会い系サイトのみをご紹介。

ほとんどが運営歴が10年以上の老舗サイトであり、ほとんどが会員数が数百万人レベルの大型サイトでもある。

出会いのチャンスはいくらでもある。

YYC(ワイワイシー)

最近、急激に力をつけてきた優秀な出会い系サイト。

会員数は日本最大級。

出会いのモチベーションの高い会員が男女ともに数多くいて、サクラもいない。

きちんと丁寧なプロフィールを作り込んでおけば待っていても女性からアプローチも良く来る。

モテない男もここで出会えないハズは無いだろう。

同年代の出会いに強い。

また割り切りの出会いはほとんどなく、「タダマンのセフレ探し」も強い。

真面目な恋人探しや婚活にも威力を発揮。

PCMAX(ピーシーマックス)

※最近、ガンガン出会える優良出会い系サイトの一つ

若い女の子との出会いに強い。

中年オヤジも20代前半の女の子と「歳の差カップル」も夢ではない。

おれもわずか1ヵ月で20代前半の女の子のセフレを4人ゲットした。

PXMAX(ピーシーマックス)の無料お試し利用はこちら☆

ワクワクメール

※まさに優良出会い系サイトの模範的存在。

昔から「出会えるサイトはどこか?」と聞かれたら自信をもって進められる優良出会い系

ここをメインに使っていればまず間違いない。

恋人探し、セフレ探し、不倫、割り切りなどオールラウンドな出会い目的に使える。

最近では「同性愛の出会い」にも対応している。

ワクワクメールの無料お試し利用はこちら☆